Linux

【Linux入門】Webサーバー(Apache)構築方法 ①

Linux

はじめに

ApacheはオープンソースのWebサーバーです。Webサーバーのシェア率も40%と非常に高いシェア率となっています。今回はこの「Apache」にてWebサーバーを構築します。

前提環境

  • VirtualBoxバージョン 6.1.6 r137129 (Qt5.6.2)
  • CentOS Linux release 8.1.1911 (Core)
  • SELinux無効化(/etc/selinux/config)SELINUX=disabled

WEBサーバー構築

Apacheインストール

Apacheをインストールします。

$ sudo dnf install httpd
CentOS-8 - AppStream                            727  B/s | 4.3 kB     00:06
CentOS-8 - Base                                 7.0 kB/s | 3.9 kB     00:00
CentOS-8 - Extras                               2.0 kB/s | 1.5 kB     00:00
依存関係が解決しました。
================================================================================
 パッケージ        Arch   バージョン                            Repo      サイズ
================================================================================
インストール:
 httpd             x86_64 2.4.37-16.module_el8.1.0+256+ae790463 AppStream 1.7 M


〜〜〜省略〜〜〜


インストール済み:
  httpd-2.4.37-16.module_el8.1.0+256+ae790463.x86_64
  apr-util-bdb-1.6.1-6.el8.x86_64
  apr-util-openssl-1.6.1-6.el8.x86_64
  apr-1.6.3-9.el8.x86_64
  apr-util-1.6.1-6.el8.x86_64
  centos-logos-httpd-80.5-2.el8.noarch
  httpd-filesystem-2.4.37-16.module_el8.1.0+256+ae790463.noarch
  httpd-tools-2.4.37-16.module_el8.1.0+256+ae790463.x86_64
  mod_http2-1.11.3-3.module_el8.1.0+213+acce2796.x86_64

完了しました!
$

httpdサービスの有効化

Apacheサービスの「httpdサービス」の自動起動を有効にします。

$ sudo systemctl enable httpd --now
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/httpd.service → /usr/lib/systemd/system/httpd.service.
$

サービスの状態が「active(running)」になっていることを確認します。

$ sudo systemctl status httpd
● httpd.service - The Apache HTTP Server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/httpd.service; enabled; vendor prese>
   Active: active (running) since Sat 2020-05-09 15:30:58 JST; 51s ago
     Docs: man:httpd.service(8)
 Main PID: 2980 (httpd)

〜〜〜省略〜〜〜

$

ファイアーウォール設定

Apacheで使用するポートをファイアーウォール許可します。

$ sudo firewall-cmd --add-service=http --zone=public --permanent
success
$ sudo firewall-cmd --reload
success

動作確認

Webブラウザから「http://ホスト名」にアクセスするとApacheの画面が表示されます。ホスト名は自分自身の場合「127.0.0.1」や「localhost」でアクセスできます。

ApacheのWebページのデフォルトトップページは「/var/www/html/」になります。ここにindex.htmlファイルがない場合、次のサンプルページが表示されます。「/usr/share/httpd/noindex/index.html.en-US」

トップページ作成

index.htmlファイルを「/var/www/html」に作成します。

$ sudo touch /var/www/html/index.html
$ ll /var/www/html/index.html
-rw-r--r-- 1 root root 152  5月 10 01:05 /var/www/html/index.html

index.htmlファイルを次の内容に編集します。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">

<head>
    <meta charase="utf-8">
    <title>My Home Page</title>
</head>

<body>
    <h1>Sample</h1>
</body>
</html>

index.html編集後、Webブラウザを更新すると先ほど編集したindex.htmlファイルが表示されます。

まとめ

今回は以上になります。Webサーバーは実際に構築するとWebブラウザから視覚的に確認することができるのでイメージをつかみやすいですよね。次回はApahcheの基本設定を行っていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました