Linux

【Linux入門】ハードディスク追加

Linux

ハードディスク追加に必要なこと

システムに新しいハードディスクのパーティションを追加する場合、
以下の作業が必要となります。

  1. パーティション作成
  2. パーティションをフォーマット
  3. パーティションをマウント
  4. /etc/fstabに登録

パーティション作成

1.追加したディスクのデバイス名を確認します。
  今回追加した、デバイス名は「/dev/sdb」です。

$ sudo fdisk -l
ディスク /dev/sda: 30 GiB, 32212254720 バイト, 62914560 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスクラベルのタイプ: dos
ディスク識別子: 0xab5a2e84

デバイス   起動 開始位置 終了位置   セクタ サイズ Id タイプ
/dev/sda1  *        2048  2099199  2097152     1G 83 Linux
/dev/sda2        2099200 62914559 60815360    29G 8e Linux LVM


ディスク /dev/sdb: 4 GiB, 4294967296 バイト, 8388608 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト


ディスク /dev/mapper/cl_vm001-root: 26.8 GiB, 28806479872 バイト, 56262656 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト


ディスク /dev/mapper/cl_vm001-swap: 2.2 GiB, 2327838720 バイト, 4546560 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト

2.パーティション作成
今回は/dev/sdb全体で1つのパーティションを作成することにします。

[user01@VM001 ~]$ sudo fdisk /dev/sdb

fdisk (util-linux 2.32.1) へようこそ。
ここで設定した内容は、書き込みコマンドを実行するまでメモリのみに保持されます。
書き込みコマンドを使用する際は、注意して実行してください。

デバイスには認識可能なパーティション情報が含まれていません。
新しい DOS ディスクラベルを作成しました。識別子は 0x8a98d0f4 です。

コマンド (m でヘルプ): p  ←パーティション情報を表示します
ディスク /dev/sdb: 4 GiB, 4294967296 バイト, 8388608 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスクラベルのタイプ: dos
ディスク識別子: 0x8a98d0f4

コマンド (m でヘルプ): n  ←新しいパーティションを追加します
パーティションタイプ
   p   基本パーティション (0 プライマリ, 0 拡張, 4 空き)
   e   拡張領域 (論理パーティションが入ります)
選択 (既定値 p): p  ←基本パーティションを選択
パーティション番号 (1-4, 既定値 1):  ←既定値を選択(そのままEnter)
最初のセクタ (2048-8388607, 既定値 2048):  ←既定値を選択(そのままEnter)
最終セクタ, +セクタ番号 または +サイズ{K,M,G,T,P} (2048-8388607, 既定値 8388607):
←既定値を選択(そのままEnter)

新しいパーティション 1 をタイプ Linux、サイズ 4 GiB で作成しました。

コマンド (m でヘルプ): p  ←パーティション情報を表示します
ディスク /dev/sdb: 4 GiB, 4294967296 バイト, 8388608 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスクラベルのタイプ: dos
ディスク識別子: 0x8a98d0f4

デバイス   起動 開始位置 終了位置  セクタ サイズ Id タイプ
/dev/sdb1           2048  8388607 8386560     4G 83 Linux

コマンド (m でヘルプ): w  ←パーティション情報をディスクに書き込んで終了
パーティション情報が変更されました。
ioctl() を呼び出してパーティション情報を再読み込みします。
ディスクを同期しています。

[user01@VM001 ~]$

パーティションフォーマット

1.パーティションをXFSでフォーマット

Linuxで使用可能なファイルシステムのタイプはいくつかあるが、CentOS7以降から「ext4」から「XFS」に変更されました。

[user01@VM001 ~]$ sudo mkfs -t xfs /dev/sdb1
meta-data=/dev/sdb1              isize=512    agcount=4, agsize=262080 blks
         =                       sectsz=512   attr=2, projid32bit=1
         =                       crc=1        finobt=1, sparse=1, rmapbt=0
         =                       reflink=1
data     =                       bsize=4096   blocks=1048320, imaxpct=25
         =                       sunit=0      swidth=0 blks
naming   =version 2              bsize=4096   ascii-ci=0, ftype=1
log      =internal log           bsize=4096   blocks=2560, version=2
         =                       sectsz=512   sunit=0 blks, lazy-count=1
realtime =none                   extsz=4096   blocks=0, rtextents=0
[user01@VM001 ~]$

マウント

1.マウントポイント作成
ここでは、「/mnt/data」をマウントポイントのディレクトリを作成します。

[user01@VM001 mnt]$ sudo mkdir /mnt/data

2.パーティション「/dev/sdb1」をマウントポイント「/mnt/data」にマウントします。

[user01@VM001 mnt]$ sudo mount /dev/sdb1 /mnt/data

3.マウント確認

[user01@VM001 mnt]$ df -hT
ファイルシス              タイプ   サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
devtmpfs                  devtmpfs   394M     0  394M    0% /dev
tmpfs                     tmpfs      411M     0  411M    0% /dev/shm
tmpfs                     tmpfs      411M  6.6M  405M    2% /run
tmpfs                     tmpfs      411M     0  411M    0% /sys/fs/cgroup
/dev/mapper/cl_vm001-root xfs         27G  4.7G   23G   18% /
/dev/sda1                 ext4       976M  199M  711M   22% /boot
tmpfs                     tmpfs       83M  1.2M   81M    2% /run/user/42
tmpfs                     tmpfs       83M  3.5M   79M    5% /run/user/1000
/dev/sdb1                 xfs        4.0G   61M  4.0G    2% /mnt/data
[user01@VM001 mnt]$

/etc/fstabに登録

システム起動時に自動でマウントする設定を行います。

1.登録にはUUIDと呼ばれるデバイス固有のIDが必要になるため確認します。

[user01@VM001 mnt]$ sudo blkid /dev/sdb1
/dev/sdb1: UUID="9706b978-f1b5-467e-ade3-15a9f4624ce9" TYPE="xfs" PARTUUID="8a98d0f4-01"

2./etc/fstabに以下を追加します。
ここでは、オプションは「defaults」、ダンプは「1」、実行順序は「2」を指定します

UUID=9706b978-f1b5-467e-ade3-15a9f4624ce9 /mnt/data xfs defaults 1 2

コメント

タイトルとURLをコピーしました