Azure

Azure VM Windows Server 日本語化

Azure

はじめに

パブリッククラウドでWindowsServerVMをデプロイすると言語は英語、タイムゾーンはUTC、ロケールは米国になっているため、日本語化に変更していきます。

前提環境

Windows Server 2016 Datacenter

タイムゾーン変更

1.コントロールパネルにて「Clock,Language,and Region」をクリックします。

2.「Change the time zone」をクリックします。

3.「Change the time zone…」をクリックします。

4.「(UTC+09:00)Osaka, Sapporo, Tokyo」を選択し、「OK」をクリックします。

5.「OK」をクリックします。

言語設定

1.「Add a language」をクリックします。

2.「Add a language」をクリックします。

3.「日本語」を選択し、「Add」をクリックします。

4.「Options」をクリックします。

5.「Download and install language pack」をクリックします。

6.ダウンロード&インストールが完了したら「Close」をクリックします。

7.「Move up」をクリックします。一度ログオフし再ログインすると日本語になります。

地域設定

1.「Region」をクリックします。

2.「Location」にて「Japan」を選択します。

3.「Administrative」にて「Copy Settings…」をクリックします。

4.「Apply」をクリックします。

5.「Welcome screen and system accounts」と「New user accounts」にチェックし、「OK」をクリックします。

6.「Restart now」をクリックし、再起動を行います。

7.「地域」をクリックします。

8.「システムロケールの変更」をクリックします。

9.「日本語(日本)」を選択し、「OK」をクリックします。

10.「今すぐ再起動」をクリックします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました