Azure

Azure Windows Virtual Machinesを作成

Azure

はじめに

今回は、AzureでWindows Virtual Machineを作成します。
Azureでは、Virtual Machine作成時に以下の必要なリソースを自動で作成で作成してくれます。もちろん個別にリソースを作成することも可能ですが、補助的に足りないリソースを作成してくれるので簡単に作成することができます。

Windows Virtual Machinesを作成手順

1.Azureポータル画面にて、「Virtual Machines」を選択。


2.「仮想マシンの作成」をクリック。


3.「仮想マシンの作成」画面にて各項目を入力。

  • サブスクリプション
    「無料試用版」を選択。
  • リソースグループ
    「新規作成」から「TEST-RG」を作成。
  • 仮想マシン名
    「TESTVM001」、リソースグループ内ではユニークになる名前。
  • 地域
    「東日本」を選択。
  • 可用性オプション
    冗長化構成を組むことができますが、今回は割愛。
  • イメージ
    「Windows Server 2019 Datacenter」を選択。
  • Azureスポットインスタンス
    「いいえ」を選択。

4.「サイズを変更します」をクリックし。


5. 仮想マシンのサイズを選択し、「選択」をクリック。
  VMサイズによってvCPU数、メモリ、追加できるディスク数などが変わります。


6.管理者アカウントの「ユーザー名」、「パスワード」を入力。
  受信ポートの規則にてRDP(3389)を許可。


7.OSディスクの種類を選択。ここでは安価な「Standard HDD」を選択し「ネットワーク」をクリック。

8.ネットワーク設定ではリソースグループ内に仮想ネットワークがない場合、自動で下記が設定されます。変更したい場合はプルダウンもしくは新規作成から作成することも可能です。問題なければ「管理」をクリック。

9.「管理」画面にて基本的にデフォルト設定のまま「詳細」をクリック。

10.検証で問題なければ「作成」をクリック。

11.しばらくすると以下リソースが作成されます。

Virtual Machineにリモートデスクトップ接続

1.Azureポータル画面にて、VMをクリック。

2.仮想マシンの概要画面にて「接続」をクリック。


3.「RDPファイルのダウンロード」をクリック。


4.ダウンロードしたファイルをクリックし資格情報を入力し「OK」をクリック。

5.無事、リモートデスクトップに接続できました。

まとめ

Microsoft Azureであれば仮想マシンに作成なリソースは自動で作成することもでき、簡単にVMを作成することができます。是非、みなさんも利用してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました